top of page
検索
  • 執筆者の写真ninufa

新製品発表会に

更新日:10月25日

(有)南部測量機・(有)メジャーさんのお声がけで行ってみた。

チラシには6種類ほどの新機種紹介がありましたが、到着早々導かれたのが、

i93 IMU搭載GNSS測量機 CHCNAV なるもののブースでした。

特徴としては、カメラ付きなので杭打ち等で目標が見つけやすいとか

ピンポイントで測定できない所は、録画写真からオフセットで座標値を求める

ことができる等、これまでにない更にスマートになったRTK機器になっていた。

通信もWi-FiやBluetoothは当然でUHF無線(0.5~2w)も内蔵。

技適は大丈夫かと聞いたところクリアーしているとの事。

雑談の中では、5wも可能とか話してたけど・・・ 

たぶんデジタル簡易無線(免許か登録で利用可)の事かなぁと。

もしそうなら、現場内でのRTKも安定利用ができ便利でしょうね~。

更に、カメラ付きって、ライカさんの広告でも見たんだけど、違いが

ありますかと聞いたら、・・・価格が違う!って笑っていました。

コントローラー(android)も見やすかったです。

中国製なんで、率直に品質や保証が心配だけどと聞いたら、

修理とかじゃなくて新品に交換する位に考えていると力説していました。

国際規格の認証も取れているようだし・・・価格からして・・・

相当売れるかも知れませんね~!  驚異の中国ですね~!

これから益々面白くなるかもと感じました。





結果、時間の関係から他の製品を見られずじまいでした。

有意義なひと時をありがとうございました。 感謝! 感謝!!


追伸!!

もう一機種、販売店さんのお勧めとあって、一週後に再度発表会が催されました。

SLAM(スリム)という商品名で、手持ちで計測できるスキャナーです。

まぁ、ここまで来たか!という感じでしたね。特に測量技術が必要でも

ないみたいなので、いろんな分野で活用できそうです。測量士は要りません!

とにかく計測そのものは簡単になりました。しかしですよ!まいどの事ですが

そのデータ、今の所ですが、誰が受けって活用できるんでしょうか?と、

率直に思っている所です。

例えば、BOXカルバート等の構造物点検でラジコンカーに乗っけて

計測もできるでしょうね~。(もう既に始まっているかも知れませんが・・・)

で、その点群データをどの様に活用できるか、具体的な所が見えてこないんで

困っているんですよね。その辺がカギかなぁ~と。

次は、ソフトメーカーさん・・・出番ですよ~!!


お疲れさまでした。








bottom of page