top of page
検索
  • ninufa

検測と言えども

客先から、諸事情によりこの通りで実施してほしいとの事で、

過年度関連工事の測量基準点資料⁉を預かった。

通常、継続工事であっても、設計時における測量成果簿が

基本で工事用測量基準点の資料は参考程度に捉えるのが常で

あるのだが、今回はどうもそうじゃない。⁉

当然、納得はできないまま客先の要望に沿う形で実施した。


ん~、施工現場の測量担当者にお願いしたいことは、

その工事で完結するのか、または継続工事になるのかを

見極めるというか、もう少し広い視野でもって取り組んでもらいたい。

特に、基準点類に対して、どうせ一時的なものだから!とか、

自分だけが分かっていればいい!とか、その場しのぎの

作業はやめて欲しいし、忙しい!はそれこそ言語道断ですよ。

継続工事の場合、その場はしのげたとしても、続き工事の際に

蒸し返して評価されることを肝に銘じておくべきでしょう。

手簿類もワープロされ見やすいと言えば見やすいが・・・。

信頼に値するかと言えば・・・わからないとしか言えない。

本音は、転記のワープロより手書きの方が評価に値すると思う。


ちょっと反れますが・・・。

自分も若い頃、胸ポケットの野帳にちょこちょこっと記して

それこそ自分しかわからない様な使い方をしていたのを、

ある方にこっぴどく叱られたことがある。間違いの根元だと!!

野帳を利用する場合でも、他人が見ても分かるように!と。

そのお方の方針は、面倒でも印刷された手簿に記入してこい!

間違っても野帳から手簿に転記などするな!でした。

いやはや、もう昔の話で恐縮ですけどね。誤記・記入漏れ・

転記ミスなどいろいろあったからなぁ~。今じゃ~便利な

電子野帳だもんなぁ。 とは言っても、注意を払うという

姿勢は変わらないはずなんですけどね~。

便利になった反面、注意散漫になっていないか、今一度

帰り見て欲しいなぁと思います。


今回は検測と言えど、検測になったのか?だったが・・・。

いろんな事があり過ぎて的が絞れず支離滅裂になっちゃいました。


測量基準点・工事基準点⁉ お・っ・そ・ろ・し・い・わ~!!


※施工測量(工事測量)における

  ・測量基準点とは:多角点・水準点

  ・工事基準点とは:中心杭・引照点・構造物端点   応用測量の実際 福永宗雄 著


             ↑↑ 節点間11m しかない。作業規程では20m以下はダメ! 

               この場合、どうしても必要とするなら本線から外して

               突き出しで利用すればよかったと思う。



             ↑↑その場限りの利用のつもりで設置したと思われる。

               見つけるのに苦労したそうだ。何とも頼りない・・・。

  



             ↑↑ ん?? 故意に抜かれたか? 不安がよぎる・・・。

                検測不能に。



 







bottom of page