top of page
検索
  • ninufa

人文字の下準備


浜川小学校・幼稚園創立 40周年記念事業期成会 会長 仲本台起さんより依頼あり。

私のこどもたちもお世話になった学校だし、喜んで協力させていただきました。

簡単に引き受けたはいいものの、結構な前準備が必要でした。まず、レイアウトでしょ。

文字の大きさも参加人数によるので、試行錯誤しながらもう大変・・・ここは、弊社の宮城に

頑張ってもらいました。 すみません、わたしは・・・何もしていません。

実際の現場では、9月にデモンストレーションしてもらった(有)メジャーの赤嶺氏と上原氏に

機材提供の協力をしていただきました。 社長!感謝してます。ありがとうございました!!

一人で誰でも簡単に素早く杭打ちができる!のキャッチフレーズの 杭打ちナビ LN-100 です。

結果を先に言えば、500点ほどのポイント出しに3時間半くらいで済みました。

グラウンドという好条件もあるかと思いますが、それでもTSでと思うと・・・ぞっとしますよね。

ちなみに、カタログによると直径100m・高低差10mまでの杭打ち可能エリアらしいです。

これだけあれば、十分ですね。


資材の搬入状況です。


  レイアウト図




        ↑↑このように、文字への配置図に通し番号を記して先生方に渡してあります。

        この図を参考に子供たちの立ち位置と人数の確認をしてもらうという段取りです。

        (四角枡1つ一人とし、四つ切り色画用紙を頭上に掲げたイメージです)
















作業終了後も何故か達成感がわかない!!  だって、全体像が見えないんだもの!!

ってなわけで、20年前の20周年の時の写真を載せときますね。

今回の作品は後日掲載したいと思います。



bottom of page