top of page
検索
  • ninufa

土地収用の手引き


今朝の朝刊にちょこっとの記事で出ていました。

日本は個々が法律でしっかりと守られているから安心なんですよね。

公共に資するためとは言え、何処かの国のように即ブルトーザー投入なんて事は

日本ではあり得ないですから。今後も無いと思うが・・・どうでしょう。エッ?!

その昔、バイパス建設予定地での用地測量の際、地権者から押印いただく為に

朝早くから夜遅くまで週末も問わず、訪問したのが思い出されます。

「うちの父ちゃんが次男三男の為に残しておいた土地なのに、取って行くわけ?」

なんてことも言われましたね。「これだけ残して何に使えばいいの?」とかさ。

ほんと、一軒一軒の押印受領作業はつらかったですね。

でも今では、その皆さんのおかげで立派なバイパスが開通して生活が便利になっています。感謝感謝!!

今後は所有者不明地や所有者不明建物も大きな問題になりそうだという事もあるんでしょうね~。

人口減問題もそれらの事に拍車を掛けるのかと思えば・・・怖いですね~。

個々の権利も尊重しつつ、少し簡素化できるようになれば、我々仕事人からすれば有難い限りです。ハイ!



bottom of page