top of page
検索
  • ninufa

3D点群 港1号線

更新日:2021年8月6日

3月末竣工の道路です。弊社のすぐ近くになります。

出来立てほやほや、きれいな内に勝手に計測してみました。

課題が沢山見つかったようです。

やはり、色んなパターンで数多く実践しコツを得なきゃと

いうことでしょう。

<簡単簡単!>は営業マンの口癖ですからね。⁈w



先ずは全体像から



電柱と架線はわざと残したらしいです。

電気屋さん!何かに利用できませんかね~。

当然点群なので計測ができますよ~。



また、無料のビューワーソフトでここまで書けるようです。

詳しくは、他の使い慣れたソフトにデータを吐き出して

利用ってなことになるのでしょうがね。

 ちなみに、測点と幅員の端部をレベルにて補測して

比べたところ1cm程度で収まっているようです。


使ってみたいけど、後処理にまたソフトを買わなきゃ

いけないのかと二の足を踏んでいる方もおられることと

思いますが、縦横断図作成なら読み取った断面データを

DXF/DGW形式・SIMA形式で出力しCADでの図面作成で

利用することができるようです。(同じ事、二度言っているか⁉)



以下は観測状況になります。

写ってはいませんが、当然開放されている道路

ですから、人も車の往来も普通にありました。

(ノイズ処理が大変だったってこと!)




TLS関連 担当:宮城




追伸: DR DRONE 空撮クリニック 我謝さんから  

    動画が届きましたので、あげておきます。

    ありがとうございました。




































bottom of page