top of page
検索
  • ninufa

路面調査

偶然にも目撃しちゃいました。路面性状調査車!!


やっぱりここ沖縄でも走っているんですね~。


県外ナンバーでしたが・・・予算計上できるんだね。調査費用が気になるところです。


そろそろ、舗装補修工事の件数が増えてもいいんじゃないか~と思うこの頃。






路面性状調査とは、路面性状自動測定装置の性能確認試験

(一般財団法人土木研究センターに て実施)に合格した

測定機器により、舗装のひび割れ・わだち掘れ・平坦性及び

パッチング箇所 数を調査し、そのデータを基に道路の現状を

把握する調査です。 とのこと。


もう少し詳しく、NETIS (新技術情報提供システム)

 https://www.netis.mlit.go.jp/netis/ 

にて、調べてみました。 以下、概要のみコピペになります。

関心のある方は、上のリンク先からどうぞ。


///////////////////////////////////////////////////////

概要

①何について何をする技術なのか?

・本技術は、車両により各種路面性状指標を同時に測定し、

自動解析するシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・人力による路面性状調査

③公共工事のどこに適用できるのか?

・路面性状調査

④その他

・レーザーカメラを搭載した測定車で調査区間を走行して

路面の凹凸やひび割れなどの路面性状を測定する。

・測定データを解析ソフトで自動解析し、ひび割れ率や

わだち掘れ量などの路面性状を評価を行う。

・解析評価は舗装調査・試験法人便覧による方法とNEXCO試験方法に対応。

・測定装置を搭載する測定車両は小型ワンボックス車のため、

幅員が狭い道路の測定が可能。

・レーザーによる測量のため昼夜間の測定が可能。

・前方カメラとハンドルが連動し、前方映像の広角撮影が可能。

側道カメラにより撮影。

・路面の凹凸データからIRIを解析することが解析が可能であるため、

対象区域の総合的な走行快適度を評価可能。

////////////////////////////////////////////////////////////


下記の通り、23件の登録があるようです。


bottom of page