top of page
検索
  • ninufa

動画サイトで再確認

更新日:2020年9月9日

you-Tubeで測量をキーワードに検索してみた。

初心者には有益な情報がたくさんアップされている。

便利な世の中になりましたね~。


ただ、気になった点があって・・・。


一つに、トランシットの据え付け方です。

紹介動画が多数あるが、見た限りで満点とは

言い難いし、少し残念に思えたのでここで

私なりの見解を述べてみたいと思います。

あくまでも個人的見解ですからね。


先ず、三脚のセットの部分ですが、固定ねじを緩め

脚を伸ばすときに、脚先を地面に付け伸ばすべきです。

説明するまでもありませんよね。そう、安全の為です。


次に、伸ばした脚をセットする際の脚の持ち方です。

(動画にでもすれば分かりやすいのでしょうが残念!)

3本の脚を抱きかかえ、奥側へ立てる脚を右手でもって

据えてから、残りの2本の脚を両手で左右に据えるです。

動画サイトの多くは、奥側に据える脚をほーり投げる

とか、足先でけっているものまであって見苦しいし

かつ慎重に扱っているようには到底見えず残念な一面です。

この部分は、現場サイドでも1番よく見かける光景ですが、

一流との差は、この辺の所ではないだろうかと思っています。


次は、トランシットをケースから取り出し三脚に

セットする場面です。ここもほとんどがNG!

ケースから取り出す際には、微動固定ねじを緩めてから

と習ったと思います。(当然、納める際には、整準ねじを

中間に戻し、軽く微動固定ねじを締めるです)

ほとんどで紹介されていないので残念だなぁと思う。

更に、ケースから取り出した後、そう取り出した後です、

開けっ放しのケースが気になってしょうがないのです。

ほとんどの動画が開けっ放し!になっています。

これも、説明の必要あります?ケースの外側がどんなに

汚れていようが一向にかまわないけど、精密機器を保管する

内側が汚れるかもって・・・あり得ないんですけど・・・。

  開いて→出して・・・閉じる!

当たり前の事として習慣づけましょう。


据え付け方法には、何種類かあって場所によって

使い分ける事ができるようになってもらいたいと思います。

ただ、長年の経験から、求心鏡を覗きながら両脚をフリフリ

しながら据える方法では、いつまでたっても時間短縮には

(体感を鍛える)繋がらないと感じていて、見た目もスマート

ではないと個人的には思っています。

とは言え、最近のTSは、レーザー求心ですからね~。

求心鏡も無いのもあるし、新たなコツでも見つけなきゃですね。

傾斜地での据え付けの際のコツとしては、常に高い方に立つ!です。

教本などでは、低い方に2本据えて・・・とかありますが、

それではいつまでたっても据え付けられませんよ~。

あと、慣れるまでは”下げ振り”も積極的に利用しましょう。

なぜか新米に限って敬遠しがちですが、感覚を磨くうえでも

有効なアイテムなので、そっとポケットに忍ばせておきましょう。


今日は、台風9号の影響で家族全員がステイホーム。

TVは孫に占拠され、じぃーじは邪魔者扱い。

でもって、事務所で残務整理の検索中に

動画サイトに目がいき気になったので書いてみたのでした。



bottom of page